スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロスカットとマージンコール

FX会社は、マージンコールやロスカットという仕組みを用意して、利用者の損失が拡大しすぎないようにしています。
利用者の側もマージンコールやロスカットを受けないような、安全圏での取引をすることを、心がける必要があります。
マージンコールとは、追加保証金のことです。
FXの口座に預けている証拠金から、含み損を引いた金額が、一定の割合以下となった場合、FX会社から「もう少し証拠金を追加したり、ポジションの一部を決済したりして、損失に耐えられるようにしてください」との注意喚起があります。
「一定割合」は、FX 業者によって異なりますが、証拠金の50%というところが多いです。
また、FX会社によるロスカットとは、利用者の証拠金維持率がある数値より下回った場合に、FX会社によって強制的に保有ポジションの決済が行われるという措置のことです。
ロスカットを受けた経歴があると、そのFX会社を続けて利用することが難しくなったり、他のFX会社にも警戒されるという話もあります。
ロスカットされてしまう人の多くは、高いレバレッジを掛け過ぎている傾向があります。
およそ5倍くらいまでのレバレッジならば、ロスカットに遭う確率も低いといわれていますので、レバレッジの設定には注意しましょう。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

分散投資

FXのスワップ運用の極意として分散投資です。
FXのスワップは高金利通貨を保有している限り、毎日貯めることができます。
しかし、このスワップをため続けるには、高金利通貨を保有し続ける必要があります。しかし、その通貨も必ず価格変動がおこります。
もし、通貨が下がっていけば、スワップで貯めた分の利益を吹き飛ばしてしまうことだって考えられます。一番いいのは、との通貨の価格が上昇して、為替差益とスワップの両方をFXで得ることができるということですが、長期間保有していれば、その間に下がることだってあります。
資金があれば、かなり下がったとしても耐えれらますが、あまり資金がないといったことや、ついFXの初心者は魅力であるレバレッジをかけ過ぎてしまいます。
しかし、そんなときでも分散投資をしていれば、多少のリスクなら回避することができるのです。その分散投資の方法とは、値動きが正反対になる通貨を一緒に保有するという方法です。
そうすれば、一方で為替差損がでても、もう一方で為替差益がでるので、相殺でき、スワップだけを貯めることが可能になるのです。
いつも全く正反対の動きをするということはないので、多少のズレはありますが、それでもひとつの通貨を集中的に買うよりはリスクを減らすことができます。
FXには、1000通貨から利用できるところがたくさんありますので、あまり資金がなくても、分散投資をすることが可能です。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

両建て

FXでは、同一通貨で 「買い」 と 「売り」 のポジションを同時に持つことを『両建て』といいます。
両方のポジションを持った場合、利益と損失が相殺されるのですが、両建てにはどういった意味があるのでしょう?

まず、両建てした場合のデメリットをピックアップしてみます。

・売り建て時には買いと同じ額の証拠金が必要になる。(資金負担が倍になる)
・取引にかかる手数料が倍になる。(デイトレは無料のケースも有り)
・買い値と売り値の差額支払 スプレッドが倍になる。
・スワップポイントに支払が生じるため金利差益が発生しない。

このように、利益と損失が相殺され為替差益はゼロとなりますが、取引コストがかかるため、トータルでマイナスになり、ポジション自体が意味のないものになってしまいます。
また、両建の利益が出ている方を仕切ったとしても、もう一方に含み損が出ているわけですから、一方の利益を資金として使えるわけではありません。

では、なぜこのような取引方法が存在し、どういったケースで利用するのでしょう?

たとえば、中・長期で買い持ちしていて、相場が急変し評価損が発生した場合、即座にロスカットせずに、新規の売りポジションを買いポジションと同額で建てます。

この時点から、レートがどのように動こうが、取引コストを除けば為替損益はゼロになります。そして、レートが元に戻ったら売りポジションだけを決済します。

こうすれば、急落した時点以上に損失が膨らむことはありません。つまり、為替損失を最小限に食い止めることに成功したということになりますが。

外すタイミングが難しい両建て両建ては、相場の乱高下が激しく今後の予測に確信が持てないなど、相場の様子を見たい場合に行いますが、もみ合い相場でうまく建玉を外せれば当初の損失を回復することも可能でしょう。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

ロングとショート

FXで「買い」をロングと呼んだり、「売り」をショートといったりする場合があります。
実はこれは「株式投資」の場面からきている用語です。
株取引の場合には、「空売り」した場合には半年以内に買い戻さなくてはいけない、という決まりがあります。
逆に、買ったものを長い間、保有するのはごく普通のことです。売りの状態を長く続けることができないため「ショート」と呼ばれ、買いの状態は長期間続けることができるため「ロング」と呼ばれます。
FXの場合は、売り・買いポジションの保有できる期間に違いはありません。
FXには「なんだか難しそう」というイメージがあるのは、このようなカタカナ用語や、独特の言い回しが出てくることも、理由の一つです。他にも「ナンピン」「塩漬け」などの言葉にも、戸惑います。
このような用語は「無理におぼえなくても良い」ですが、余裕ができたら理解ができるようにと、一つ一つ憶えていくと良いでしょう。
FXの解説書などを読んでも、意味がわからなければ、FXそのものが面白くなくなってしまいます。
カタカナ用語・専門用語が次々と出てきて戸惑うかもしれませんが、「初めのうちは時間がかかっても良いから、じっくりおぼえよう」という心構えで取り組みましょう。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

FXが注目を集める理由

FXの特徴で魅力があるのは、「少ない元手の割に大きな金額の外貨取引ができる」ということでしょう。

外国為替の取引、外国為替証拠金取引(FX)を始める個人投資家が増えてきた大きな理由の一つです。
この少ない元手で大きな金額の外貨取引ができることを、「レバレッジ」と言います。
FXを扱う会社はどこでも準備金の20倍程度までレバレッジの利用が可能になっています。
レバレッジ20倍とは、10万円の元手で200万円分の取引ができるということ。うまく利益を得られれば、得られる利益も20倍です。そのため、大勢の人がFXに注目しています。

もっと大きなレバレッジを用意している取引会社はたくさんありますが、大き過ぎるレバレッジは必要がないと思います。レバレッジを利用した場合、勝てば大きいのですが、その分、負ければ大損になってしまいます。

最初はレバレッジは大きく使わずに、せいぜい5倍を超えないようにしたほうがいいと思います。普通乗用車にスペースシャトルのエンジンを積むようなものです。

レバレッジが大きくなると、自分を追い詰めることになります。余裕を持って取引をするように心がけましょう。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

かおりん44

Author:かおりん44
ブログ初心者でFXも初心者の私がFXについてとりとめもなく色々書いてみたいと思っています。

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。